読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gakchanのブログ

モッピー小遣い稼ぎを実践中です。他にも私事的な趣味を載せていきます。

沖縄県美里中のいじめについて 時事

最近のニュースでいじめが問題化してますね。

これはひどいです。動画が流出しており、生々しいのが印象。

 

この学校の対応や加害者に非難が集中していますが

色々聞いてみると、どうやら真相はちょっと違うようです。

 

↓問題のいじめ動画

 

この動画は沖縄県沖縄市立美里中学校に通う男子生徒が、スマートフォンで撮影したもの。インターネット上にすぐさま拡散されていきました。暴行を受けているのは同中学の生徒で、加害者は同級生。この動画が拡散し始めたのは1月30日で、暴行があったのは20日です。加害者生徒は全員で7人。そのうちの1人が暴行、2人が撮影、4人が周囲で見ていたと、学校側の調べでわかりました。

 

1人しか暴行はしていませんが、被害者は一切反撃せず、フェンス追いやられ、蹴りやパンチ、後半は勢いが徐々に増していきます。なんとも痛々しい。これを2分間も続けられ、また、撮影者や周囲の生徒は、面白そうに見物。時々笑い声も。途中には『あいつ日曜日に工事から帰ってきたおじさんみたい』という発言も。なかなか酷い状況です。最後に『やめよう』という声をかけ、暴行している生徒を止めましたが、それを言い出さなかったらもっとヒドい状況だったのでは。

↑ここまでがTVなどで報道されている主な部分です。

被害者と加害者は小学校からの友人で、この暴行に関わっている8人全員が友人関係だったそうです。しかし、なぜ今回のようなことになってしまったのか。暴行した生徒が言うには日頃から悪口を言われて、積もりに積もった感情が今回の騒動に至ったとのことです。本当に悪口を言われていたかどうかわかりませんが、手を出すのはよくない。これを見る限り、“いじめ“と思わずにはいられませんよね。最初、市教育委員会の発言が「いじめとみていない」と一部で報じられてしまい、批判が相次いでしまいましたが、どうやら誤解だったようで、現在は「いじめと認識している」とのことです。

 

被害者の父親が警察への届け出をやめた?

被害者の父も教育委員会から警察に届け出るよう指示を受けたそうなのですが、断ったそうです。後日、被害届を出したそうですが、なぜすぐに行かなかったのでしょうか。

この事件を学校が把握した時点で全校集会を行おうとしたそうです。しかし被害生徒の母親から「表立ったことはしないでほしい」との要望を受けて全校集会は中止に。その後、被害生徒の両親と話し合いを重ねた結果、被害届は出さない意思であったこと、被害生徒の父から加害生徒と個別に直接話したいと考えていることなどがわかり、29日に学校内で両親と加害生徒が話し合いをしたそうです。暴行した生徒は個別の話し合いに参加できなかったらしいのですが、被害生徒の父親は「反省しているので、今後も友人関係が続くように学校側に様子を見ていただければ」と、この件を落ち着かせたそうです。けれど、2月1日の報道を見て、やはり被害届を出したそうです。なぜ、すぐに被害届を出さなかったのでしょうか???

理由として考えられるのは、一つは加害者の「悪口を言われていた」というのが本当で、被害者にも原因があったから。もう一つは加害者生徒の親が権力者だったからとう見解もあります。前者は、話し合いで親が自分の子にも非があると判断し、思い留まった可能性があります。後者の場合、親が地域の有力者だったら子供もそれなりにいきがっていじめとかしそうですし、被害者側も警察に届けたら親の権力でよりひどい仕打ちに合うのではないかと考えて、届け出るのをやめるかもしれません。
どちらにせよ、暴行されたことは事実であることから、これは刑事事件として扱うのが妥当かと思います。
 

暴行した生徒の名前がすぐさま特定!

顔や名前がわからずとも、話題になるとすぐさま学校や加害者の名前が即特定。


確かにこんな動画みたら良い気はしません。このまま落ち着かせて加害者を放置してはいけないと思います。また、沖縄の成人式は毎年、揉め事などが起きるため、沖縄県は加害者のような人間が多いと考えてしまう人もいるようです。

しかし、少数ですが、この程度の暴行はいじめではない、顔や頭を狙ってないから良い方だという見方の人もいました。ですが、もしこの加害者を何も罰することなく、そのまま社会へ出してしまったら、今後、彼の暴行は悪化するかもしれません。しかしながら、動画が拡散されてしまったらずっと残ってしまうので、逃げることはできないと思います。加害者全員の生徒は、犯してしまった行為を重く深く受け止めてほしい。